写真・動画の、撮影日時・撮影地点の取得

未分類

20201230_1_Pythonで写真整理

年末写真整理の際に、

Pythonで写真整理

写真をドラッグアンドドロップで、撮影地点のGoogleMapを開く
の2つのツールを作成しました。

共通関数を、PhotoCommon.py に写真・動画処理の共通関数を実装しており、2つのツール両方から使われています。 共通関数開発の際に参考にしたサイト等を紹介します。

  • GetExif_ImageShotDate 撮影日時を取得
  • GetExif_ImageLatLong 撮影地点(緯度・経度)を取得

が主な実装関数になっています。 どちらもiPhoneをターゲットして、静止画・動画に対応しています。

静止画

静止画に関しては、

from PIL import Image

でimportして、それを活用して、Exif情報を取得して、撮影日時、撮影地点を取得しています。

動画

動画に関しては、

g_path_ffmpeg = ‘E:\Work\program\ffmpeg\ffprobe.exe’

で、あらかじめインストールしたffmpegを利用しています。

import subprocess

で、プロセスを起動して、ffmpegを実行し、その結果をpythonでパースして、撮影日時、撮影地点を取得しています。

撮影地点に関しては、分数を度に変換が必要なので、ConvExifDeg関数として実装しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました