WordPressのSSL化

AWS

AWS上でWordPressを使って、Blogを公開するところまでの手順、のうち、
WordPressのSSL化、の記事です。

管理画面からログインして、Really Simple sslのプラグインで簡単に対応できる、という情報が多いですが、管理画面からログインする事自体にトラップがあるので、一旦、httpで作業を進めます。

下記手順の中で、httpとhttpsを見間違えるだけでトラップにかかりますので、注意です。
あと、当サイトでは、SSL化前にvpc.codecreare.comを使ってたので、ここも変化点です。

・ロードバランサのhttp→https変換ルールを、停止します。
 ”パスが“というところを、”パスがaaa”と、マッチしない文字列へ変更して無効化しました。
・Route53のcorecreare.comを、albへ繋げていたのを、vpc.corecreare.com同様にIP直接指定へ。

http://vpc.codrecreare.com/wordpress/wp-login.php
へ、ログインして、設定メニューから
WordPress アドレス (URL)
サイトアドレス (URL)
を、http://vpc.codrecreare.com → https://codrecreare.comへ変更。

ここまで設定したら、1つ前の手順でhttpにしたのを、再度、httpsへ戻す(ロードバランサ、Route53)

さらにWordPress側もSSL設定にするため、
TeraTerm等のコンソールから、wp-config.phpに下記を追記。

$_SERVER[‘HTTPS’]=’on’;
define(‘FORCE_SSL_LOGIN’, true);
define(‘FORCE_SSL_ADMIN’, true);

しばらくしてから、(albへの接続へ戻したのが反映されるまで)
https://codrecreare.com/wordpress/wp-login.php
へログイン

プラグイン画面から”Really Simple SSL”プラグインを新規インストール、実行。
これで、色々とSSL化されて、アクセスもできるようになりました。

コメント

  1. find out here より:

    That is a good tip especially to those fresh to the blogosphere.
    Short but very accurate information… Appreciate your sharing this one.
    A must read post!

タイトルとURLをコピーしました