静的IPとDNSゾーンの作成

LightSail

LightSailへの引っ越し、目次へ戻る

LightSailのインスタンスを選択し 静的IPの作成、を選択

アタッチ先を聞かれるので、先に作成したLightSailインスタンスを選択する。

ホーム → ネットワーキングから、DNSゾーンの作成、を選択

作成したDNSゾーンを選択。

レコードの追加、Aレコードを選択し、先に作成した静的IPを、このDNSゾーンへ割り当てる

元のAWS環境で活用していたSESは、そのまま活用する。 Domains のTXTレコードと、その下のDKIMのレコードをメモ。

DNSレコードを入力していく。

メモした、TXT、CNAME、を入力していく。 MXレコードに関しては、SES(バージニア北部)なら、”inbound-smtp.us-east-1.amazonaws.com”固定との事。 (https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/receiving-email-mx-record.html)

ネームサーバの情報は同画面の下部にあるので、これを、お名前ドットコムのような、ドメインレジストラ会社へ登録する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました